サーフクリニック@静波ウェーブプール

アドバイス:ボトムターンではパワーゾーンに近づき、トップに向かってラインを描くようにアドバイスされています。また、テイクオフ時は両手の間に前足を持ってくるようにし、レールを入れることが大切だと指摘されています。

この動画で分からないこと、更に聞いてみたいことは、どんどんコメントしてみて下さい。

コメント

  1. 最近減って来ましたが、海で上手く合わせられなかった時のテイクオフがこんな感じです。度々、もったい無い!と言われていたので、動画で見る事が出来てとても良かったです。
    ■分かった事■
    *掘れ早い波では今でも脚が開いてしまいがちです。なぜ?と疑問でしたが乗った時の感覚と動画を照合わせると答えが出ました。
    テールが吸い上げで持ち上げられ始めた時に板が不安定になり、とっさに脚を広げて落ち着かせ始めました。
    その為、更に板が逆さまになり、プッシングで横に向く、レールを入れる事が出来なくなりました。
    仕方が無いので膝を着いてレールを掴み無理くりレールを入れて乗りましたが(コレをするとスペースが無くなり足が横からしか出せない😣)加速して安定するまでに時間がかかり、パワーゾーンを通り越してしまっている。
    最初からしっかり行く方を見て少しづつレールが入っていれば安定するので、脚は開かない。
    タイミングよくテイクオフ出来てボトムにも降りられる。
    ラインどりのアナライズがとても参考になりました。テイクオフに余裕が無い時はいつもこんな感じですが、"もったいない!”と言われている意味が良く分かりました。
    ユウジさんコーチングありがとうございました。
    とりあえず乗れたので嬉しかったです😊
    ■課題■
    ①レールの入れ始めは、目線を使って今までより早めにする。
    ②もっとしっかり横を向く。

分からないこと

アフィリエイトプログラム紹介制度について、分からないことをご記入下さい。フォーラム内で回答させて頂きます。